2015年当ブログで反響が大きかった記事ベスト10

2015年も残り僅か。今年も皆さま、当ブログに沢山足を運んで頂きまして、誠にありがとうございました。今年はよくブログを書いたなぁと自分では思っていたけれども、実際のところ昨年の記事数79に対して、今年の記事数は85。別にそんなに増えてない。そんなに増えてないけれども、前年よりも一つ一つの記事に対して懸ける意気込みが違っていたのかもしれない。今回はそんな中から「反響が大きかった記事ベスト10」を並べて、振り返ってみたいと思う。「反響の大きかった記事」とは、記事の現時点でのスターの数とブクマの数の合計数から導き出す、アナログ集計である。本当は記事別PV数を集計してみたかったけれど、上手いこと集計出来なかった。無念。それではいってみよう。

第10位

moarh.hatenablog.jp
ジャニヲタのブログを熱心に読み漁っていた時期で、Twitterで度々色んなブログについてツイートしていたのだけれど、自分でも収集がつかなくなり一旦それらをまとめてみた、ブックマーク的記事。「才能の無駄遣い」と言いたくなるような、才能溢れるジャニヲタを見つけるのが趣味。

第9位

moarh.hatenablog.jp
朝井リョウさんの著書「武道館」を読んで書いた記事。ここまでの反響があるとは予想していなかったので、今思い返すともっとしっかり書けば良かったと後悔している記事の一つでもある。

第8位

moarh.hatenablog.jp
2013年から書いている「岡田准一の寵愛を受ける若手俳優たち」シリーズの2014年版。2015年バージョンは書くかどうか迷っていたのだけれど、今日Twitterで書いてくださいというリプライを何件か頂いたので、今年も書く方向で準備したいと思っている。

第7位

moarh.hatenablog.jp
アイドルとは何の関係もない婚活パーティー後の女子会の会話を書きおこした記事。それがこんな位置に来るのかとちょっと驚いている。別に何か特別なやり取りではなく、女子はみんなやっていることだからこそ、面白がって貰えたのかなと。

第6位

moarh.hatenablog.jp
今年はアンケート芸人としてデビューした年でもあった。「ジャニーズと恋愛」についてのアンケートは、以前からジャニヲタにアンケート取ってみたいなとぼんやり考えていたけれど、それを聞いて楽しいのは自分だけなのではないかとずっと思っていた内容で、けれどもいざ実際にアンケートを取ってみると、回答して下さった方々がとても協力的で嬉しかった記憶。

第5位

moarh.hatenablog.jp
KAT-TUN・田口淳之介さんの脱退を受けて書いた記事。実は今回の「反響が大きかった記事ベスト10」、この記事だけが唯一下半期に書いた記事で、残りは全て上半期に書いた記事になる。下半期は仕事内容が変わって、これまでのようにじっくり物事を考える時間の余裕がなくなって、少し熱量とペースが落ちてしまったのが否めない。

第4位

moarh.hatenablog.jp
こちらもアンケート芸人記事。これも「ジャニーズと恋愛」に関するアンケートと同じく、ずっと統計を取ってみたかった内容だったので、集計中もずっと楽しくて、結果を見た人たちがTwitterでタグを作って10年前を振り返る遊びが流行したり、このアンケート記事をきっかけに話題が広がったことが嬉しかった記事。

第3位

moarh.hatenablog.jp
こちらもアイドルとは無関係で、ただ本屋が好きだということを急に主張したくなって書いた記事だったけれど、思いのほか本屋好きの方に届いた記事だった。この後、高知にもジュンク堂には負けるけれども、大きめの綺麗な本屋さんが街中に出来て、近くにもスタバもあって、幸せな街になったよって書こうとした記事が下書きのまま眠っている。

第2位

moarh.hatenablog.jp
ジャニーズやアイドルのことをメインに書いているはずのブログだけど、3位も2位もアイドルとは関係の無い内容の記事という結果に。アイドルとは関係が無いからこそ、幅広い方に読んで貰えたというのはあるのかもしれない。ドラマ「問題のあるレストラン」本当に面白かった。ジャニーズが出ていない(途中で風間俊介さんが登場したけれど)ドラマで、ここまで面白いと思えたのは久々だったので、その興奮っぷりが記事に表れていたのではないかと。

第1位

moarh.hatenablog.jp
断トツ1位。今後これ以上の反響がある記事は書けないんじゃないかと、自分で自分のハードルを上げてしまった記事でもある。勝因は、ジャニヲタにも読まれ、ジャニヲタの外にも読まれやすい内容だったことではないかと思っている。テレビでは放送されなかったからこそ、そこで何が起こっていたのか、文字にしておく意味があった。安心してください、今年はテレビでも放送されます。そして今回は私、初めて東京ドームの方ではなく、京セラドームの方で年を越す予定。


という訳で、ほとんど上半期だけで構成されたランキングを振り返ってみた。振り返ってみると、ジャニーズやアイドル以外の内容の記事に結構反響があったりして、それは素直に嬉しいことだなと思う。1位の記事に読者登録者数が900人を超えたと書いているけれど、その読者登録者数も今や3800人超え。先日はてなブログの個人ユーザーの中では1位だと教えて頂いて、自分でもびっくりするしかなかった。何を求められているか、よりも、何を書きたいか、を優先しているブログですが、今後もどうぞ宜しくお願い致します。