読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突然ですが、私は「左利き」が異常に好きです

最初に断っておくが私は右利きである。左利きから矯正した訳でもなく純粋な右利きだ。私は「左利き」の人を見ると酷く興奮してしまう。この興奮は言うまでもなく「萌え」である。男性がスーツのネクタイを外す時に感じる「萌え」、女性がご飯を食べる時に髪の毛を束ねる時に感じる「萌え」、そう世間一般的な「萌え」と同じカテゴリーの中に、私の場合「左利き」も分類される。これは極少数の人が感じる「萌え」であると思っていたが、公言したら意外にも「私も左利き萌えるタイプです」と同類が集まって来たので、今宵は堂々とこの「左利き萌え」について語ってみようと思う。

そもそも左利きというのは成人人口の8%~15%を占めるらしいが、「何故左利きは少数なのか」「何故10%前後で変動がないのか」という点については理由が分かっていないらしい。多くの人々が「右利き」で生まれて来る中で、「左利き」が誕生した経緯は未だ生物ミステリーとされている。まずこの時点で一旦萌える。日進月歩研究が進んでいくこの世の中で「左利き」はまだ全貌が解明されていない事実に一旦萌える。「左利き」自身がミステリーとされているので、「何故左利きに萌えるのか」という点が解明されている訳がなく、なので今回は私なりに左利きに萌える所以を紐解いてみたいと思う。

まず「左利き」を見る機会というのは大きくこの2つになると思う。「書く」時と、「食べる」時だ。学生時代は「書く」方を見る機会が多いと思うが、社会人になると「食べる」方で「左利き」を見つける機会が多くなった。仕事中はPCを触っている為に何利きなのか気にならなかったが、飲み会の席でお箸を左手に持っているのを見て、初めて「左利き」に気づいた、というパターンはここ数年で何度かあった。そんな時、左利きの人は大抵左端に座ったりして、他の右利きの人と肘がぶつからないように、自然と配慮していたりする。しかしそうもいかない場合もあり、成り行きで真ん中に座らされた左利きの人が、とても窮屈そうにご飯を食べている姿を見た時に、私の萌えレーダーが発動してしまう。うっかり隣の人に肘が当たってしまって「ごめん」なんて謝ってるのを見ると、私の中の火山が噴火してしまう。

飲み会の席で「左利き」の人を見つけると、男性女性構わず私は彼らの手先にロックオンしてしまう。そして近づき「○○さんって、左利きだったんですね」と、見れば分かるだろということをわざわざ相手に伝えてしまう。これまでの人生で何百万回と言われて来たであろうお決まりの台詞がまた来たか、という感じで、彼らは何てことない感じで「そうなんです」と回答する。か、かっこいい。それはまるでイケメンが「イケメンですね」と言われ慣れているがゆえにその言葉を全く褒め言葉として受け取らないように、彼らもまた「左利きなんですね」と言われ過ぎて「左利き」が萌えを生み出していることに対して無頓着である。そんなあっけらかんとした対応に、重ね重ね萌える。

「書く」ことで言えば、彼らは横書きの大学ノートや便箋にめっぽう弱い。自分が鉛筆を走らせたそばから、その上を小指が通過することになり、残念なことに小指は全て書き終わった頃には真っ黒になる。そしてノートの上の黒鉛は無残にも四方八方に散らばっていたりする。一方右利きの我々はこの国得意の縦書きになると、逆にこの仕打ちを受けることになる訳であるが、私たちがアーーーーーっと思うタイミングと、彼らがアーーーーーーっと思うタイミングが全く別物であることに、またしても萌える。

可愛い。本当に「左利き」は可愛い。彼らは右利きが生きやすく作られた世界の中で器用に生きている。右利き用のハサミしかないと言われたら彼らは絶対的に使い辛いであろうそのハサミを器用に操り紙を切ってしまう。PCのマウスはPCの右側に置き右手で操作しなければならないが彼らはまたそれを器用に操り華麗にカーソルを動かしてしまう。右利きの我々が左手で何かを操ろうとしても訓練の機会不足ゆえにそんな器用な対応は出来ないが、「左利き」の人はするするとピンチをすり抜けていく。かっこいい。本当に「左利き」はかっこいい。

ここで突然ジャニヲタなのでジャニーズの話をするが、ジャニーズにも平均1グループに1人、左利きがいる。SMAP稲垣吾郎さん、TOKIO国分太一さん、嵐二宮和也さん、NEWS加藤シゲアキさん・手越祐也さん、KAT-TUN田口淳之介さん、Hey!Say!JUMP薮宏太さん・八乙女光さん・知念侑李さん、A.B.C-Z橋本良亮さん、Kis-My-Ft2千賀健永さん、Sexy Zone菊池風磨さん。結構な数いる。彼らが文字を書いている機会にはあまり出くわさないが、ご飯を食べている映像には出くわす機会がそれなりにあるので、テレビに齧り付くように見てしまう。幼い時に「書く」方は矯正させられた人が多かったのか、「書く」のは右手だという人も少なくない。そして右手も使う機会が多かったことから、「両利き」というハイスペックを備えてしまったパターンもある。

逆に、元々「右利き」であるにも関わらず「左利き」に矯正しようとした強者もいる。A.B.C-Z戸塚祥太さんは「右利きに飽きた」という理由から「左利き」に切り替えており、Kis-My-Ft2二階堂高嗣さんは松本人志さんへの憧れから「左利き」の練習をしたそうだ。これはまた「左利き萌え」の王道からは外れるが邪道として萌えていきたい。ちなみに突然お笑い芸人の話もするが、ピース又吉直樹さんも、元々「右利き」であるが、サッカー選手のマラドーナに憧れて利き足を変えたというエピソードがある。又吉直樹戸塚祥太二階堂高嗣、逆矯正をしかけた面々から溢れてくる奇人っぷりにももれなく血が騒ぐ。

結局私は「左利き」の人が器用にも不器用にも生活している姿に、きゅんとしてしまうのだ。スーツを着た男性が3割増に見えるように、「左利き」というだけで、ただそれだけで、私の中の好感度は3割増量キャンペーン開催中となる。出来るだけ左利きの人に出くわしたら、左利きに萌える人種もいるんだよ、これは絶好の武器なんだよ、と伝えるようにしているが、左利きに萌えている人の数に対して、その事実を知っている左利きの人の数は少ない気がしている。だから今日は声を大にして言ってみた。もっと、左利きを誇れ。左利きを愛する者より。