YouTubeでジャニヲタのお部屋紹介動画を見るのにハマっている話

昔からファッション雑誌等の「お部屋紹介特集」や「鞄の中身特集」が好きだ。よりよい収納方法を見つけるため、創意工夫を凝らした収納術を真似するため、というよりも、どちらかと言えば、誰かの普段見れないスペースを覗けることそのものにまずわくわくしている。収納術なんかは二の次で、女の子がどんな部屋で暮らしているのか、どんな物を身につけているのか、それを眺めるだけで幸せになれるおめでたいタイプだ。だから私自身も以前に「25歳ジャニヲタのお部屋大公開」というブログを書いた。私も公開するから、みんなも見せてよ、という期待を込めて。

しかしお部屋紹介なんて自分から発信してくれる人はなかなかいないのが現状で、一時期Twitterでジャニヲタ収納術というタグが流行った時のまとめを何度も何度も眺めるような毎日だった。これもまたとても勉強になるしわくわく出来るのだが。

ある日YouTubeを開いたらおすすめ動画に「お部屋紹介 Kis-My-Ft2」という動画があがって来た。サムネイルを見る限り芸能人ではなく素人の部屋に見える。興味本位でその再生ボタンを押したのが全ての始まりだった。

普段私はTwitterをメインにジャニヲタ活動をしているが、ジャニヲタはその母数が大きい分、Twitter以外にも色んなSNSに生息している。それぞれで独自の文化が出来上がっていて、たまに普段の生活圏外へ出てみると、同じ対象を追いかけているはずなのに自分の知らなかった世界が広がっていたりして面白い。YouTubeのこの「お部屋紹介」文化もその一つだった。

私自身もまだこの「お部屋紹介」文化のことをよく分かっていないところがあるが、推測するに中学生や高校生のジャニヲタが、自分のiPhone等で部屋の中を撮影して、それをYouTubeにアップロードして、コメント欄でお互いの部屋を見た感想などを書き込んでいる。大抵の動画が、「○○さんからリクを頂きましたので、お部屋紹介をします」という定型文から始まるので、誰かからのリクエストを受けて公開に至ったという経緯が分かる。そして部屋紹介をするにあたって、応援しているアイドルの曲をBGMで流す為に、自らくじ引きを用意してその場で引き当てたものを流す、というBGMの選曲イベントまである。よく分からないけどまずその時点で何だか楽しそうだ。そして一番面白いなと思ったのが、順番に色んな人の動画を拝見していくのだが、全員喋り方が似ていることだ。何処か駆け足気味で「はい、これは○○です」と淡々と説明していく。恐らく最初にアップロードした人の喋り方を後から公開していく人たちが真似ていき、喋り方まで統一された文化が出来上がってしまったのだと思うが、「えっ、これさっきの人と同じ人じゃないよね?」と思うくらい、みんなが同じ喋り方をするので面白い。

肝心のお部屋はどうかというと、動画で公開出来るくらいなので、収納上手が多い。静止画だと細かい部分は隠すことが出来るが、動画となると引き出しの中まで開けたりして紹介するので、本当に綺麗に収納していないと何だ中はそうでもないじゃん、となってしまうと思うのだが、溢れんばかりのグッズを抱えながら創意工夫を凝らしている。そして恐らくアップロードしている人たちのほとんどが若いのでたまに「これは学校に持っていくノートです」みたいな学生の素顔が垣間見えてほっこりする。私の部屋はジャニーズのポスター等は一切貼っていないが、彼女たちの部屋には所狭しと彼らのピンナップやポスターが貼ってあって、可愛らしくデコレーションしている様子にきゅんと来てしまう。

と、私が文章で説明したところで、実際の動画を見た方が、幾分その文化を理解出来ると思うので、順番に貼り付けていく。


*嵐*#7お部屋紹介part1♡ - YouTube

お部屋紹介*Part2 - YouTube

♡67♡関ジャニ∞ お部屋紹介part1 - YouTube

お部屋紹介*Part1*Hey!Say!JUMP - YouTube

@キスマイお部屋紹介 - YouTube

可愛い。愛しい。長らくお部屋紹介に飢えていた私に天から素晴らしい恵みがもたらされた。YouTubeの検索欄に「お部屋紹介」と入力すると、その他にも沢山関連ワードが出て来るので、これは恐らくジャニヲタに限った文化ではないと思われるが、ジャニヲタだけでも数え切れないくらいの動画が上がっているので、毎日ちょっとずつ動画を見てはハフン♡となっている。ハフン♡とならない人にとっては、この文化もこの文化を楽しめることも意味不明かもしれないが、ハフン♡となるタイプの人にはぜひオススメしていきたい。