【2018年06月】コスメと私

OBAになった。正しくは伯母。弟の子供が生まれたのだ。女の子。もうすぐ3ヶ月になる。月1回くらいのペースでしか会えないけれど、先月に会った時には、既に瞼にしっかりと二重線が入っていた。目頭からくっきりと入った揺るぎない線は、それだけで安心感がある。遺伝子万歳。私には無いそれが姪っ子には備わっていたことが、思いの外嬉しかった。

そう、私は29年間一重だ。疲労が蓄積している時のバロメーターとしてたまに二重になることがあるが、それ以外は年中一重である。しかし他人からは一重と認識されていることは少なく、自己申告してようやく気付かれる一重、「一重らしくない一重」と自負している。なのでそのことで劣等感を抱くことはさほど無かったけれども、とは言え二重に生まれて来ていたらもう少し人生は変わっていたのだろうかと思うこともある。目の上にあるたった数センチの線で人生が変わってたまるかと思うけれど、アイメイクをする時に「二重幅に~する」という表記を見る度に置いてけぼりをくらう。若い時にアイプチを試みたこともあったけれど、その度に私の中の松たか子が「ありの~ままの~姿見せるのよ~」と歌い出すので、このままにしている。

先日とある占い師に占ってもらった時に「自己肯定感が低い」と言われた。もう人生で何回聞いたか分からないその言葉を、まさか占い師からも聞くことになるとは思ってもみず、一瞬笑ってしまった。数年前まで本当に自己肯定感が低かった自覚がある。しかしそこから身なりに気を遣うようになり、人並みに自信がついてきて、何だったら今数年ぶりに人生最高のエキサイティングモード(特別良いライフイベントがあったということではなく気分の問題)に突入しているというのに、まだ「自己肯定感が低い」と言われねばならないのかと笑ってしまった。その占い師のことを鵜呑みにする必要性は全然無いのだが、そこを乗り越えたら新しい未来が待ってる等と言われて、まだまだ行けちゃうのかもしれないと思ったりもした。

幼少期にどんな風に育てられたかによってその人の自己肯定力は決まるらしいが、姪っ子の誕生に小躍りし「可愛い」を連呼してしまっている自分のことを思えば、第一子として生まれた私を親が蔑ろに育てたとは到底思えず、結局自己肯定力が低いというのは自分の思い込みでしかないのかもしれないとすら思えてきた。思い込みで損をするのは大変勿体ないので、もっと楽観的にカジュアルに人生を過ごしてみて良いのかもしれないと思った6月だった。そして姪っ子には会う度会う度「可愛いね」と言い続ける伯母でありたい。全肯定おばさんになる。


それでは6月の購入品。今月も写真がいけてない。
f:id:moarh:20180711204701j:plain

キャンメイク パーフェクトマルチアイズ 04

キャンメイク パーフェクトマルチアイズ 04

秋っぽいスモーキーな色だなと思いながら購入したが、そういう色が大好きなので大正解。左下の紫がかったピンク色が瞼に乗せると彫を深く見せてくれてめちゃくちゃ可愛い。左上の淡いピンクも涙袋に乗せたら涙袋がぷっくり見えて気に入っている。キャンメイクのパーフェクトマルチアイズシリーズは、毎回絶妙な配色でパレットを満たしてくれるので信頼できる。買った直後は毎日このアイシャドウで出勤してた。
キャンメイク トランスペアレントフィニッシュパウダーSA シャイニーアクアマリン 10g

キャンメイク トランスペアレントフィニッシュパウダーSA シャイニーアクアマリン 10g

またまたキャンメイク先生。店頭でテスターを初めて見た時、何という色をしているんだろうと驚いたけれど、今も新鮮に開けた時にびっくりする。ピンクやイエローやブルーのパウダーが何とも言い難い混ざり方をしていて、まるでモザイクのよう。エレガンスのプードルのプチプラ版と勝手に解釈しているが、実際のところエレガンスのプードルがある内は使う機会がほとんどない。結構顔が白くなる。昨年もエスプリークの単色アイシャドウのマーブルな限定色が可愛くてPK806はもうまもなく無くなってしまうくらい使ったのだけど、今年もやっぱりマーブル可愛いぞと思って購入。案の定瞼に乗せると艶っとしてラメも上品で可愛い。ただこちらの色は、薄めなのでこの色と何か濃い色を組み合わせないと目が小さく見えてしまう。同じくエスプリークの単色アイシャドウ限定色。上のも可愛かったんだけど、個人的にはこちらの方が大正解。ピンクとブラウンが良い感じに混ざってくれて可愛い目元になる。個人的に昨年のViseeのクリスマスコフレだった「グラマラスヌードアイパレットBR-2」を付けている時が一番他人にアイシャドウ何使っているか聞かれるのだけど、その色味とかなり似ているので、これは来たぞと思っている。あと単純に見た目がチョコみたいで美味しそう。
ヴィセ リシェ カラーインパクト リキッドライナー バーガンディ RD440 0.4mL

ヴィセ リシェ カラーインパクト リキッドライナー バーガンディ RD440 0.4mL

ヴィセ リシェ カラーインパクト リキッドライナー ピンク PK840 0.4mL

ヴィセ リシェ カラーインパクト リキッドライナー ピンク PK840 0.4mL

アイライナーはラブライナー派だったんですが、安室ちゃんの広告に惹かれるがまま買ってみたら、意外と描き心地がよくて気に入ってしまったViseeのアイライナー。目元をピンクブラウンっぽくすることが多いので、バーガンディはそういう時に相性がよくて重宝している。ピンクの方は安室ちゃんの目に施されているから成立しているのでは?!と思うような広告写真で、結構明るめのピンクだったけれど、大々的に使うと浮いてしまうので部分的に使ってテンションを上げている。BOBBI BROWNデビューしました。というのも義妹がプレゼントしてくれたのですが、まず女兄弟がいなかったので、こういうやり取りですら新鮮で楽しい。弟よ結婚してくれてありがとう。口紅の方は結構深い紅で、顔がめちゃくちゃパキッとする。口紅を中の方に塗ってグロスを外の方に塗ると良い感じにグラデーションになるよと義妹が教えてくれたけれど、口紅の方がちょっと特別な日に付けようと思ってまだそんなに塗って出かけてない。リップは沢山持っているけれど、実は真っ赤な口紅って持っていなかったので、今後の勝負リップにしたい。今月も出ましたオペラのリップティント限定色。今回は発売日と有給が被ったので、高知唯一の取り扱い店に開店時間前から並び一番手で購入した。モデルが付けていた程のギラギラ感はなく、どちらも思っていたよりは薄付きで顔に馴染みやすい。年齢の問題もあると思うけれど、個人的には赤の方が使いやすくて持ち運び用のポーチの中に常備させるリップの仲間入りを果たした。ちなみに、3月に出た10番のプラムピンクが使いやすい色であっという間に無くなってしまった。定番色化をひたすらに願う。


という訳で、以上が6月の購入品でした。7/1に発売されたViseeの安室ちゃんとのコラボアイシャドウを買えていないことが今一番の心残り。7月下旬に再販があるらしいけれど、そこで買えるかどうか!7月の購入品で結果を乞うご期待。今年の夏の目標は「シミを増やさない」。例年以上に日焼け対策に勤しみたい所存。