「TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018 “Candy Pop”ライブ・ビューイング」

昨年の大晦日、東京のホテルでジャニーズカウントダウンコンサートに向かうまでの間、伊野尾担と一緒にコンビニで買ったどん兵衛を食べながら、紅白歌合戦を見ていた。2017年はプライベートが充実していたこともあって、これまで程音楽に触れておらず、新鮮な気持ちで出場歌手たちを見ていた。正直なところTWICEのこともこの時まで知らずにいたので、それくらい2017年疎くなっていた。初めて見るTWICEの印象は、少女時代やKARAのイメージとさほど変わらず、国を超えてやってくる女の子たちへの興味は言語の壁が立ちはだかるため、いつもミーハー程度に終わっていた。へぇーまた韓国の子たちが出て来たんだねぇと呑気にどん兵衛を食べてたら、伊野尾担が「日本人の子も何人かいるんだよ!Mステに出た時とかは日本人の子たちが中心になって喋ってたよ!」と教えてくれた。持つべきはミーハーな友達。そこから一気に興味が湧いてきて、TWICEのパフォーマンスを目を凝らして見た。どの子が日本人の子だろう、この爆モテしそうな大島麻衣さんに似た子だろうか、それとも足立梨花さんに似た肌の白い子、℃-uteの萩原舞さんに似た子だろうか。韓国人なのか日本人なのかなんてすぐに見分けがつきそうなものだけど、意外と分からなかった。伊野尾担も誰が日本人なのかまでは知らなかったので、二人で答えの分からない誰が日本人でしょうかゲームをしてその時は終わった。

正月に高知に戻って来てからじわじわとTWICEのことが気になっている自分に気づき、即iTunesで『TT -Japanese ver.-』をダウンロード。

TT -Japanese ver.-

TT -Japanese ver.-

2017年の8月頃友人が写真を撮る時にTTポーズで撮ろうと言うので、TTポーズの意味も分からず写真を撮った。その時に悲しい顔でとリクエストされて、友人は渾身の悲しい表情をしていたのだが、私はぬるい顔をしていたので「ぶりっ子かよ」と撮った写真を見て怒られたことがあった。なので私はTTポーズをする時は、渾身の変顔で勝負しなければならないと思い込んでいたのだが、本家TWICEの皆さんのTTポーズ、めちゃくちゃ可愛いじゃないですか。悲しい顔も全力の悲しみではなく、悲しいけどどちらかというとちょっと拗ねちゃってる女の子、みたいな表情で、これは同性が見ても可愛い。あの時渾身の悲しい表情をしていた友人には、今度会った時に正しいTTポーズ講座を開こうと思う。

結局『TT -Japanese ber.-』だけでは物足りず、『#TWICE』を全部ダウンロードするまで、そんなに時間がかからなかった。

#TWICE(通常盤)

#TWICE(通常盤)

そして、それと同時にもっとパフォーマンスが見たくなり、DVDを購入した。
TWICE DEBUT SHOWCASE

TWICE DEBUT SHOWCASE "Touchdown in JAPAN"(DVD)

TWICEのダンスは、絶妙にエロさと可愛さの両方を備えていて、顔の近くで手を動かす振りが多いのは、日本の女子アイドルと共通するところだけれど、それが下手に幼稚っぽくならずセクシーかつヘルシーに映る。あんなに可愛い振り付けが沢山あるのに「媚びを売る」というイメージには繋がらないから凄い。

デビューショーケースでは、まだ非日本人メンバーは、日本語の勉強中という感じでMCでは日本人メンバーに助けてもらいながら喋っていたけれど、ダヒョンちゃんだけは間違えていても臆することなく、ファンとコミュニケーションを取るべく積極的に日本語を喋ろうとする姿が印象的だった。また、DVDの中でメンバーが他のメンバーに対してメッセージを語るシーンがあったんだけど、日本人メンバーですらも韓国語で喋る中、ダヒョンちゃんはこのDVDが日本で発売されるものだということを考慮してか、日本語で語っていたのが印象的だった。またその内容も「生まれてありがとう」で、キュンと心を掴まれてしまった。

そしてつい先日、NHKホールで行っているライブのライブビューイングにも行って来た。客層はティーンが圧倒的に多く、男女比はやや女が多いくらいで、TWICEファンのボリュームゾーンはここなのかと新鮮だった。地方だからライトなファンが多いのもあったかもしれないが、日本の女子アイドルとは全然違う客層で、自分がファンの中でいつもと違う立ち位置にいる感覚も新鮮だった。

この時点で私はまだ推しが決められておらず、日本人メンバーだとモモちゃんがちょっと優勢かななんて考えていた程度だったけれど、やっぱりMCでダヒョンちゃんの天使っぷりが光っていたので、ダヒョンちゃんを推すことに決めた。デビューショーケースの時と比べたら、非日本人メンバーの日本語は凄く上手になっていたのだけれど、みんな台詞として覚えてきているなと感じる中で、ダヒョンちゃんはその場で感じたことを知っている日本語を繋げて喋っているように感じられた。ファンの声援の大きさに「トリハダ~~」と覚えたての単語を何度も繰り返すダヒョンちゃんは子どものように愛らしく、もう好きになるしかなかった。そもそも自己紹介が「ノリノリなお豆腐」である。お豆腐というのはダヒョンちゃんの色の白さを指しているけれど、日本の女子アイドルですらそんなキャッチフレーズ思いつかない。

TWICEではナヨンちゃんが出だしを歌ったり、サビでセンターに来ることが多いのだけれど、この曲をライブビューイングで見た時に、一番ナヨンちゃんの不思議なパワーに吸い寄せられた。
youtu.be
特にメンバー間で衣装に格差が付けられているということはないのに、同じような衣装を着てもナヨンちゃんに一番可愛い衣装があてがわれているのではないかという錯覚を起こしてしまう。女子力ともまた違う、AKB48のセンターにいた時のあっちゃんと同じような魔力を感じてしまう。「世界で最も美しい顔100人」に選ばれているのは、TWICE内ではツウィちゃんとサナちゃんなんだけど、その造形的な美しさを超えてしまう魅力がナヨンちゃんにはあって、この曲はもう何回繰り返し見たか分からない。身体のラインがしっかり女の子で可愛い。

自分が韓国アイドルにハマる日が来るとは思わなかったけれど、TWICEの場合は日本人メンバーが居ることでめちゃくちゃ入りやすかった。その日本人メンバーも全員関西人というところも、同じ西日本に住む人間にとって親近感が湧きやすいポイントである。韓国アイドルに詳しい友人に「TWICE TV」が面白いよとオススメされていくつか見たけれど、アイドル番組としても凄く面白くて、あぁこういう企画ジャニーズでもやって欲しい、ハロプロでもやって欲しい、と思う場面が何度かあった。TWICEにハマってからTWICEファンの方から、あれはもう見ましたか?これも見てください!というDMや連絡を沢山頂いたので、ありがたくメモさせて頂いて、また時間のある時に色々見ていこうと思っている。

久々に新しいアイドルに吸引されていく感覚を味わえてたまらなく楽しい。さて、今日も『Heart Shaker』のMV見てから寝ることにしよう。