「朝井リョウ、加藤千恵のオールナイトニッポン0」で朝井リョウさんが紹介したつんく♂さん楽曲(2015年4月3日~6月26日)

「タイプライターズ」や「ボクラの時代」で喋っている朝井リョウさんを見てから、あれこの人ってもしかしてどうしようもなく面倒くさい人なのでは?という興味が湧いてオールナイトニッポンを聴き始めた。聴き始めたら想像通りの面倒くささであり、ここで言う「面倒くさい」は強烈な好感を意味している訳だが、そこから今日に至るまで暇さえあればオールナイトニッポンを遡って聴いている。そしてこのオールナイトニッポンの放送の中で朝井さんは毎週、つんく♂さんの作った楽曲をかけている事を知る。「ダ・ヴィンチ」等でつんく♂さんの楽曲について熱く語っている姿を見てはいたが、ラジオで毎週かける程だったのかと改めてその熱狂ぶりを知る。そしてそこで語られる選曲理由がまた興味深いので、今回はそれを自分の為にまとめておきたい。ちなみに朝井さんは28時を迎える手前、一部地域の方とお別れする際につんく♂さんの楽曲をかけている。

2015年4月3日放送 #1 浜崎あゆみ「No way to say」

第1回放送はつんく♂さん楽曲ではなかったものの、翌週これに触れる為念のため記載。

2015年4月10日放送 #2 太陽とシスコムーン「宇宙でLa Ta Ta」

加藤:朝井くんオススメの曲をね、先週はあゆを流してて。
朝井:一部地域の方とお別れするにあたって、やっぱり浜崎あゆみさんが一番ベストなんじゃないかってコーナーが、先週最終回を無事迎えました。
加藤:えっ、待って、待って、待って?!えっ、最終回なの?!
朝井:ありがとうございました。
加藤:いやいや、これから一部地域の方とお別れする時は、あゆの曲ってなって、
(ここで曲が流れ出す)
朝井:かとちえ、RuRuが喋ってるから!太陽とシスコムーンのRuRuが喋ってるから!
加藤:えっ、RuRu?!えっ、えっ?!
朝井:私は本当つんく♂さんを凄く尊敬しています。つんく♂さんが声と生きる事で、生きる事を選んだのが最近大きなニュースになりましたが、私が出来る事と言えば、やっぱラジオで少しでもつんく♂さんの曲をかける事かなと思って。
加藤:え~~、あゆは?!
朝井:今週から、つんく♂さんの曲をかける事にいたします。
加藤:あゆは~~~?!
朝井:1曲目、私が大好きな曲です。太陽とシスコムーンで、「宇宙でLa Ta Ta」、それでははりきってどうぞ~!

2015年4月17日放送 #3 モーニング娘。「DANCEするのだ!」

朝井:あっ、皆さん、聞こえますか~~~!「DANCEするのだ!」が流れましたよ~~~!
加藤:これ良い曲!
朝井:こちらはですね、私が「武道館」という小説を書くにあたって、かなりインスパイアされた曲なんですね。何でかって言うと、アイドルとして大全盛期を迎えている人たちに向かって「でも長い長い人生はこれから始まったばかり、駆け出したばかりなんだよ」っていうメッセージをつんく♂さんが皆さんに伝えているという曲で、素晴らしい曲です。はりきってどうぞ~!

2015年4月24日放送 #4 ① ドリームモーニング娘。「シャイニング バタフライ」

朝井:今から流す曲なんですが、ドリームモーニング娘。の「シャイニング バタフライ」っていう曲なんですね。これはモーニング娘。のOGたちで組まれたグループなんですけれども、グループの中では恋愛スキャンダルで辞めてしまった方だったりだとか、卒業セレモニーもなく脱退しなきゃいけなかった方とか居たんですよ。当時は、それに怒るファンとかが確かにいっぱい居たんですね。でも私は、ASAYANっていう番組からモーニング娘。を見ているので、アイドルが人間の欲望をきちんと持っているっていう事が自分の中で大前提としてあって、その欲望っていうのは、食欲だったり勿論性欲だったりとか、っていうものを当然のように持っているっていう認識が結構私の中にはあったんですね。でも、アイドルが恋愛をするっていう事に、こんなに怒る人がいるんだって事が、実は子供の頃から結構びっくりしてたんですよ。で、その驚きがずっと子供の頃から心の中にあって、他の作品を書きつつも、その疑問みたいなものはずっと心の中にあったんですけど、このドリームモーニング娘。が「シャイニング バタフライ」って曲を歌った時に、当時のファンがこの「シャイニング バタフライ」って曲を歌うメンバーの事を、アイドルを見る目と同じ目で見ていて、かつ盛り上がってたんですね。舞台の上に居る人たちはもう結婚もして子供もいて、その人たちがずっと遠ざけてきた人間としての欲みたいなものを満たした後だったんだけれども、きちんとアイドルとして受け入れられていて、お客さんも盛り上がって、アイドルとして応援してたって姿を見た時に、一瞬アイドルの解放みたいなものを「シャイニング バタフライ」って曲から私は感じたんですよ。
加藤:「武道館」にもね、まさにそういうシーンが出てきますよね。
朝井:是非、これを読んで頂いて、確認して頂きたいんですけれども、その時の感動をいつか小説に、アイドルの解放を見た感動を、小説にしたいなって事をずっと考えていて、今回それに挑戦したのが「武道館」ということで。是非この曲を聴きつつ、本も手に取って頂ければと思います。なので聴いてください。

2015年4月24日放送 #4 ② HI-FIN「海岸清掃男子」

朝井:この曲は凄くて、デートに行った女の子の彼氏が、急に海岸のゴミを拾い始めて、もうもっと私の事を見てよっていう、超展開を見せる曲なので、楽しんで聴いてください。それでは、はりきってどうぞ~!

2015年5月1日放送 #5 太陽とシスコムーン「Magic of Love」

朝井:皆さん5月病などかかっていませんか?色々気持ちが暗くなったりはしていませんか?最近はJuice=Juiceがカバーした事でも話題になりました、お聴きください。太陽とシスコムーンで「Magic of Love」。

2015年5月8日放送 #6 松浦亜弥「そう言えば」

朝井:今日は2002年1月1日に発売された、松浦亜弥さんのファーストアルバムからの1曲なんですけれども、こちらがとんでもない名盤なんですよ。当時松浦亜弥さん15歳くらいだったんですけど、あまりにボーカル能力が凄くて、高すぎて、たぶん曲を作ってたりアレンジをしてる人が、みんな本気出したくなっちゃって、チームの人たちの本気が物凄い詰まったアルバムで、今でもファンの人に語り継がれている名盤です。
加藤:あ、イントロがかかった。
朝井:もうこの時点で良い曲って分かるじゃないですか。その中でも本当15歳がこんなに感情表現出来るのっていうくらい巧みな曲があります。それが「そう言えば」という曲です。はりきってどうぞ。

2015年5月15日放送 #7 モーニング娘。'14「What is LOVE?」

朝井:この曲はですね、「ミュージックステーション」という番組で、元気が出る曲を紹介して欲しいって言われた時に、私が紹介した曲なんですけど、2番に「人が遊んでる内に働く勇気」って歌詞があるんですよ。「頑張る勇気」とかじゃなくて「働く勇気」っていうところが凄い良いなって思ったんですけど、モーニング娘。'14で「What is LOVE?」、はりきってどうぞ~!

2015年5月22日放送 #8 モーニング娘。「ハッピーサマーウェディング」

朝井:夏の訪れを感じる気候が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。6月が近づいて来たから、結婚式のお誘いが増えて来たなぁということがあると思います。4期が加入したシングルとしてもお馴染み、既に国民的なウェディングソングとなっていますよね。何よりあと数時間で私の姉の結婚式が始まるってことで、モーニング娘。「ハッピーサマーウェディング」、はりきってどうぞ~!

2015年5月29日放送 #9 スマイレージ「私の心」

朝井:私モーニング娘。の武道館行ったってさっきお話したんですけど、27日だったんですよそれが。前日26日がスマイレージから改名したアンジュルムっていうグループの初武道館って事で、そこもかなり盛り上がってたんですけれども。盛り上がった一つの理由として、福田花音さんっていう、1期生の方がね、この秋でアンジュルム及びハロープロジェクトから卒業するって事が発表された訳ですよ。表情豊かな歌唱力を始め、そして素晴らしいパフォーマンスでもお馴染みの方だと思うんですけど、卒業後は作詞家に転身されるって事なんですけれども。そんな彼女のファンファーレとして捧げます。スマイレージで「私の心」。はりきってどうぞ。

2015年6月5日放送 #10 モーニング娘。「AS FOR ONE DAY」

(イントロが流れる)
朝井:あ、ごめんなさい、加護亜依さんが喋ってるので!
(加護さんの「今すぐここに来て欲しい」という台詞を受けて)
朝井:来て欲しいよね。分かってる、一緒に居るだけで幸せだった。さよなら。(加護さんの台詞に合わせて一緒に呟く)
加藤:(笑)
朝井:遂に梅雨入りですね。今日も全国的に雨模様だったんですけれども、そんな時に雨を思いっきり感じてみるのも一つの手だと私は思ってます。このイントロの間にちょっとプロモーションビデオを検索して頂きたいんですけれども、この曲はプロモーションビデオの中でずっと雨が降ってるんですよ。モーニング娘。で「AS FOR ONE DAY」、はりきってどうぞ。

2015年6月12日放送 #11 モーニング娘。「ふるさと」

朝井:モーニング娘。の「ふるさと」という曲なんですけども、こちらはですね、5枚目かなシングルとしては?違うかもしれないです。鈴木亜美さんとの曲対決みたいな感じで、鈴木亜美さんがその時は1位取ったんですよ。モーニング娘。の「ふるさと」は5位になっちゃって。グループとしてちょっと勢いがもしかして落ちて来てるんじゃないかなみたいに言われて来てしまった曲ではあるんですけれども、物凄い良い曲で、ファンの間では大変人気が高いと思います。メインボーカルを務めているのが安倍なつみさん。安倍なつみさんは北海道が生んだ大スター。お聴きください。モーニング娘。で「ふるさと」。はりきってどうぞ。・

2015年6月19日放送 #12 Berryz工房「蝉」

朝井:今回は21日のイベントで歌詞考察をやるんですけど、そこで取り扱う1曲をここで流したいなと思っていて、Berryz工房さんの曲なんですけれども、初期の曲でファン人気が物凄い高くて、めちゃくちゃファンの中では有名な曲。サビがね、凄い好きな子が居て、好きな子を置いて夏休み実家に帰ってる女の子の話なんですけれども、その子が弟が凄い頑張って虫を取ってる姿を見ながら、好きな人に会いたいなっていう曲なんですよ。では、はりきってどうぞ。Berryz工房で「蝉」です。

2015年6月26日放送 #13 Berryz工房「1億3千万総ダイエット王国」

朝井:本日はですね、無期限活動休止ですね、決して解散ではなく無期限活動休止という風に発表されております、Berryz工房の「1億3千万総ダイエット王国」をかけたいんですけれども。これは実は柚木麻子さんへの曲なんですよ。柚木さんが今小説新潮で「BUTTER」っていう小説を書いてるんですけど、そのモチーフとなった曲が実はこれなんじゃないかと言われています。Berryz工房で「1億3千万総ダイエット王国」、はりきってどうぞ~!

7月に入ってからも、先週も先々週も勿論この楽曲紹介は行っているのだけど、とりあえず1クール分。私の知識が全くもって朝井さんの知識に追いついていないので表記誤りとかあるかもしれない。おしゃべりな朝井さんはラジオの間中終始楽しそうではあるのだけど、このつんく♂さん楽曲をかける時は一際テンションが高い気がしている。小説家の中では、柚木麻子さんや石田衣良さんもハロプロファンらしいが、言葉を操る事を職業としている人たちに語られるアイドルの面白さったらない。贅沢な視点を改めて提供して貰った様な気がする。

暫く仕事が忙しい振りをしていたが、実際このオールナイトニッポンを遡って聴いているから忙しい部分が大きい。ちょっとジャニヲタ留守にするかもしれないけれど、面白いんだからしょうがない。

f:id:moarh:20150713231408p:plain