読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE MUSIC DAY 史上最大!10組総勢51名が大シャッフル!ジャニーズスーパーヒットメドレー感想

ジャニーズ

あけましておめでとうございます!!!!今年もどうぞよろしくお願いします!!!!何を言ってるんだこいつは、とお思いの皆様、待って、帰らないで。まだ話したい事が山ほどあるから長くなると思うけど聞いてくれ。いよいよ2015年明けたんだ、本当は2014年12月「FNS歌謡祭」の日に、ジャニヲタ暦でいうところの2015年はとっくに明けてたんだけど、また明けたんだ。2回目の2015年幕開け。前回はフジテレビが明けてくれたけど、今回は日本テレビが明けてくれた。何回でも明けちゃう。あけおめことよろっちゃう。

という訳で、夏の正月こと「THE MUSIC DAY ジャニーズスーパーヒットメドレー」が今年もやって来た。昨年は7組40名だったのが、今年はKinKi Kidsとタッキー&翼とジャニーズWESTが合流し、10組51名へ拡大。数日前にZIP!でメンバーの割り振りと曲目が発表されたが、それだけで結構なお祭り騒ぎだった。これまでメンバーの枠を超えた絡みが見られるのは年末に行われるカウントダウンコンサートのみとされていたが、紅白組が出なくなったり、マッチさんのソロコンに取って代わってしまったりで、先輩後輩が入り乱れる機会は少なくなっていた。そこに来る、「THE MUSIC DAY ジャニーズスーパーヒットメドレー」な訳だから、もうわくわくが止まらない。新学期、クラス替えが発表されて誰と誰が同じクラスだと騒ぎ立てる女子の様に、今回のメンバーの割り振りと曲目だけでもTLは大いに盛り上がった。

そして遂に本日、夏のカウコンが開催されたのである。せっかくなので順番に感想を書き留めておきたい。

①硝子の少年(長瀬智也、渋谷すばる、滝沢秀明、亀梨和也、手越祐也)

5人が並んだ姿を見て「ちょっ、えっ、まっ、聞いてないですけど!!」と叫びそうになった。ZIP!のクラス替え表をあまりよく見ていなかった私に問題があるが、こんなエース勢揃い組があるなんて聞いてなかった。長瀬智也(エース)、渋谷すばる(エース)、滝沢秀明(エース)、亀梨和也(エース)、手越祐也(エース)、見渡す限りのエースに卒倒しそうになる。しかもセンター奥に長瀬智也という重鎮を置き、0番を二分するのは、滝沢秀明様と亀梨和也様という歴代ドリボ組。美しき二人に二分される0番になりたい。初めて0番になりたい等と思ってしまった。そしてその外側に居るのが、別ベクトルではあるものの「己の歌」をそれぞれに持っている渋谷さんと手越さん。全体的にオーラが強すぎて「硝子の少年」どころかその強過ぎるオーラで硝子なんて一瞬にして木っ端微塵にしてやるぜ感が出ている。ジャニーズスーパーヒットメドレーとはこういうものであるからなと1曲目の洗礼を受けたようだった。思い出した、そうだ。これぐらいの破壊力で我々を襲ってくるのがこのジャニーズスーパーヒットメドレーなのだ。

②MADE IN JAPAN(櫻井翔、村上信五、小山慶一郎、伊野尾慧、有岡大貴、小瀧望)

こちらは打って変わって、日テレでキャスターとしてレギュラー番組を持つ櫻井翔さんと小山慶一郎さんのツーショットが映し出された事で、一気にこれが日テレの番組であった事を思い出す。例え豪華な衣装を着ていても、この二人が並んでしまうと一気にキャスター濃度が上がる。この二人のツーショット場面においてはキャスター濃度100%だ。そのあとに続いて映し出された伊野尾さんも高学歴である為、この組の平均偏差値は如何程であるか等と考えてしまったが、その背後でがむしゃらに踊る村上信五さんが見え始めた時に、一気にそんな雑念は吹っ飛ばされてしまった。そして引きで映された時に、スタイルの良い小山さんと小瀧さんがどちらもピンクを身につけているのがやたらと可愛らしくて、「小山と小瀧」という新しい萌えの組み合わせを発見してしまった自分にしめしめと思ったりした。

③チャンカパーナ(松岡昌宏、大野智、横山裕、上田竜也、重岡大毅、知念侑李)

チャンカパーナの振付をもう何度もコンサートでNEWSと一緒に踊っている身としては、さほど難しい振付ではないと思っているのだが、意外とこういう簡単で単純な振付ほど個性が光るのが面白く、上田竜也さんをこの組に入れようと思った人マジグッドジョブ。完璧に踊りきってもはや持ち歌ではないかと思わせるほどの弾けっぷりの重岡さん、アイドルとしてきっちり振付を踊り歌う大野さんと知念様と横山さん、ちょっと振付を間違えてはいたものの独特のエロさが滲み出ちゃってる松岡さん、そして、そして、KAT-TUNではおおよそした事のないであろう振付に一生懸命ついていきながらも、自分流にアレンジして恥ずかしさを軽減しちゃってる上田竜也さんの愛しさったら!!!最高。上田さんをこの組に入れようと考えた人にはボーナス倍出しといてくれ。

④Venus(坂本昌行、堂本光一、大倉忠義、中間淳太、山田涼介)

こちらも「Venus」という曲をやるに相応しい皇帝選抜。センターに立つ光一さんがみんなよりワンテンポ遅れて振付に乗っかっているところも、間に合わなくても大丈夫な余裕の空気を纏っていて凄い。去年このジャニーズメドレーで嵐の「Love so sweet」をやった大倉さんが、自分が本来やりたかったアイドルはこれだと思ったという話をしていたと記憶しているが、今回も大倉さんにとって理想のアイドルになれる瞬間だったのだろうか。隣で誰よりもキレキレで踊っている中間さんのフレッシュさが目立つと思ったが、実際のところ大倉さんと歳は2学年しか変わらないのだからジャニーズって面白い。

⑤BIRTH(山口達也、森田剛、相葉雅紀、錦戸亮、八乙女光)

組み分け表を見た時に「森田剛さんのBIRTHはヤバい」とただならぬ妄想を開始してしまっていたが、やはりセンターに森田さん君臨のBIRTHは何だかゾクゾクしてしまった。しかしながらそれ以上にゾクゾクしてしまったのが山口さんであり、振付もばっちり踊り表情まで決めて来た山口さんの普段とのギャップに殺られた女子は少なくないのではないか。そういう面ではTOKIOはどこのグループよりも普段とのギャップが大きいので、こういった機会に新たな一面を見つけてしまう恐れがあると震えながら見た。あと「BIRTH」という曲自体が元々のKAT-TUNの雰囲気が存分に詰め込まれた曲なので、誰が歌っても同じような雰囲気を纏えるのではないかと思っていたけれど、別の人が歌うとまた別のBIRTHが生まれるのだなと思った(BIRTHと生まれる、を掛けた訳ではない)。

⑥無責任ヒーロー(国分太一、三宅健、松本潤、中丸雄一、桐山照史、薮宏太)

「グループ内で一番無責任なメンバーが集まりました」と太一くんが歌前に叫んだのだが、その隣には責任感の塊でしかない松本潤さんがいらっしゃったのが最大のオチだった。ジャニヲタの誰もが「松本潤は無責任じゃない!!」と突っ込んだと思うのだが、太一くんのその発言こそが一番無責任だった。しかしながら太一くんからそんな紹介をされながらも、無責任ヒーローぶる他のメンバーの様子が可愛く、その設定を守る責任感、という矛盾の迷路にハマった振る舞いがとても良かった。

⑦ええじゃないか(城島茂、井ノ原快彦、加藤シゲアキ、田口淳之介、高木雄也、岡本圭人)

誰の提案か分からないけど、城島さんと井ノ原さん、田口さんと加藤さん、高木さんと岡本さん、という二人組で互いのマイクを相手に向けて腕を交差させる状態で始まったのがとにかく可愛かった。そしてそのあとみんなでハイタッチしている様が可愛らしく、ジャニーズWESTの「ええじゃないか」ではなく新曲「バリハピ」の方が雰囲気が合っていたのではないかと思うほどの仲良しっぷりだった。こういう時の雰囲気づくりは恐らく井ノ原さんがしていると思うのだが、最後に高木さんとハイタッチしている時に、お互いの呼吸が上手いこと合わず何度か掠っていたのが妙に可愛かった。そして階段を降りたりする移動がメインだったので振付を覚える必要は恐らくなかったと思われるが、階段を降りながらもきっちり元の振付を踊っている加藤さんがベリーキュート。

⑧ウィークエンダー(長野博、二宮和也、安田章大、増田貴久、濱田崇裕、神山智洋)

これはもう他の人には申し訳ないけど、長野博さんの優勝でしょう!!!!というよりこのメドレー全体において優勝でしょう!!!!なんて可愛いの長野さん!!!!安田・増田・神山というアクの強いビジュアル御三家はさすがの身のこなし、そして二宮さんは元祖Hey!Say!JUMPをも超える少年感を放ちながらさらりと踊り、濱田さんも独特のノリ方ではあるものの華麗にこなしていく中、長野博さん42歳の可愛さがひどい。長野さんは去年もHey!Say!JUMPの楽曲に割り振られていたのだが、もうこれは毎年恒例行事にして欲しい。普段はV6でバリバリに踊っている長野さんが、不意にHey!Say!JUMPを踊る事になり、短時間で練習しました感が出ているのがたまらないので、どうか来年も長野さんにはHey!Say!JUMP楽曲を。「Chau#」とか「キラキラ光れ」で想像するだけでも絶対可愛い事間違いなし。

⑨One Love(堂本剛、岡田准一、今井翼、丸山隆平、中島裕翔、藤井流星)

はい、来ました。お待ちかね、私の大本命。ZIP!で組み分けが発表された時点で岡田さんの三大可愛い後輩に中島裕翔くんがリーチを掛けちゃうんじゃないかと先読みして大盛り上がりした「One Love」選抜。ところがどっこい実際のパフォーマンスは2人1組に分かれてスタンドマイクで歌うのみのシンプルなものだった。そうそう「One Love」ってそういう曲だったよね。そして岡田さんと対になったのが堂本剛さん。この二人、合宿所を出た後ルームメイトだったという話を聞いてから、ときめきがとまらない訳だが、そんな二人が一緒に並んで歌う機会が設けられた事にまず大興奮。しかも三大可愛い後輩候補の中島裕翔くんが二人が歌う前に、二人に注目が集まるように指差してたりするもんだからたまらない。

⑩LOVE YOU ONLY(全員)

去年は最後の曲でみんな思い思いに散らばってたので、自由時間に何処で誰が誰とどうしてるかを見るのが楽しかった気がするが、今年は見事にグループごとに分かれてしまったので、フリーになった時の様子が分からなくてちょっとばかし残念だったが、それにしても全員がステージ上に一同に会した瞬間はやはり圧巻で、「今からでも遅くないから飯島班も来ちゃいなよ!!」って私がジャニーさんだったら漏れなく言う。日テレの段取りの事とか関係なく言う。最後に誰かHAPPY NEW YEARって言ってない?ジャニヲタと考える事一緒じゃない?と思ったけど、言っていたのは「増田HAPPY BIRTHDAY」だった。増田さんお誕生日おめでとう。公共の電波を使ってジャニーズが一同に会す瞬間を見せてくれる機会は、こうして年に1~2回程度で良いのでずっと続いてくれたらいいなと、願い続けていきたい。

たぶんきっと明日も何回も見ちゃうんだろうけど、そしてまた色んな発見があるのだろうけど、最高の夜だったって事を一旦ここに書き記しておくぜ!!今年もどうぞよろしくお願いします!!