読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「嵐はいつブレイクしたのか、起爆剤は何だったのか」を学ぶ

きっかけは、昨夜放送の「嵐にしやがれ」だった。ゲストで登場したジャニーズ事務所の先輩である少年隊・東山紀之さんが嵐に問う。「自分たちが盛り上がってきたなって瞬間があるじゃん、それは何かあったの?国立(コンサート)なんてまさにそうなんだけど」と。それに対して嵐はこう答えた。

松本潤凄い真面目な話、もっと前なんですよね、自分たちが感じるのって。タイミング的には2006年なんですけど、アリーナツアーをやってる時に、いつもと同じ公演数をやろうとしたら、チケットを取れない人がいますみたいな話になって、でもコンサートの日数を増やすスケジュールはありません、どうしますかって言われた時に、『じゃあそれだったら、1日2回やってるのを3回にするってことは出来るんですか』って話をして、出来るってなって。その日本のツアーを回った後に、アジアに初めて行ったんですよ。そのへんから、色んな事がちょっとずつ次に繋がっていくみたいなことがあって、日本に帰って来てそのアジアでやったのが好評だったから、日本にそれを持って帰って来てやりましょうってやったら、そこでもお客さんが入り切らず、それだったらドームでやろうって。で、次の年気がついたら五大ドームやって、国立やって、次に全部繋がって。なんかでも不思議でしたね。今なお不思議です。
(2015年1月10日放送「嵐にしやがれ」より)

「嵐がいつブレイクしたのか」ということが私はずっと気になっていた。というのも、私はジャニヲタ沼に長年溺れておきながら、嵐を自分のジャニヲタ生活の中心に置いたことが一度も無かった。中学生の時に相葉さんのことが大好きなクラスメイトが居たが、その頃は誰も彼女の嵐好きに同調することは無く、当時NEWSが好きだった私は「今はNEWSの時代だよ」等と彼女と冗談で張り合ったりしていた。もう10年以上前の話である。そこからあれよあれよと言う間に、嵐の人気は膨らみ、気がついた時にはジャニヲタではない友人たちが気軽に嵐で誰が好きかトークをするようになった。そして「嵐のコンサートなら行きたいから、チケット余ったら教えて」と、ジャニヲタのチケット戦争の苦悩も知らずに軽率に頼んで来るようになった。但し私は嵐のFCには入っていない為、彼女たちにそのチケットを握らせることは出来ないのだが。残念だったな、はっはっは。おっと突然キャラブレした。すまない。そういう訳で、私が他のジャニーズを見ている間に、嵐はどんどん勢力を上げ、知らない間に、ジャニーズ事務所の稼ぎ頭になっていた。何処が分岐点になっていたのか、他の庭を覗いていた私は知る由もない。

そもそも何故今頃になって突然「嵐がいつブレイクしたのか」「起爆剤は何だったのか」という疑問を抱いたのかと言えば、先日2015年1月6日放送のNEWSのラジオで、嵐の話題が出たからだった。そのラジオではNEWSが全員30歳を超えた頃(約3年後)、どうなっていたいか展望を語り合っていて、そこで手越さんの口から自分たちの理想像として嵐の名前が挙がった。恐らく今、目標として嵐の名前を挙げる後輩グループは、NEWSだけではないはず。彼らが嵐に近づき追い越すには、何をすればいいのか。それを考えている内に、そもそも嵐が何故人気者になったのか、そこから探らなければならない気がした。

昨夜の「嵐にしやがれ」の放送終了後、私はこんなツイートをした。


私が自分の肌感覚で嵐の人気を感じたのはドラマ「花より男子」だった。そもそも人気コミックの実写化だったこともあり、周りの友人が揃ってこのドラマを見ていた。高校の昼休みにお弁当を食べながら道明寺司を演じる松本潤派と花沢類を演じる小栗旬派の女子が互いに今週の萌えポイントを語り合い、どちらがよりかっこよかったのかを競い合った。そのドラマをきっかけに一気に「松潤」という松本さんの愛称を周りが口にする機会が増えた気がしていた。
そういう訳でこう呟いてみたのだが、このツイートに対して非常に多くの反応を頂いた。朝起きたらメンション欄がとんでもないことになっていた。さすが、嵐ファンは母数が違う。私の呟きをひとつの叩き台として、色んな考察に触れることができて、無知を満たしてもらった。「そんなことも知らねえのかよ馬鹿」とか言われることはなく、皆様丁寧に教えて下さった。せっかく沢山の話を伺えたので、私だけが独り占めするのも勿体無いと思い、今回頂いたリプライをここで紹介させて頂きたい。あくまで皆さんの“実感としてどうだったか”という話を伺ったので、どれが正解でどれが不正解という線引きをするつもりはない。むしろ、何も知らない私にその権利はない。私の分かる範囲でブレイクポイントを時系列に並べている。

2002年頃から良い緊張感が生まれていた


日テレで深夜番組を長年続けていたおかげ



相葉さんの「Aの嵐」(2003年~2005年)


松本さん出演ドラマ「君はペット」(2003年)でも客層が変わっていた


松本さん出演ドラマ「花より男子」(2005年)


松本さん出演ドラマ「花より男子」(2005年)、二宮さん出演映画「硫黄島からの手紙」(2006年)、櫻井さん「NEWS ZERO」出演開始(2006年)が重なった時期






松本さん出演ドラマ「花より男子」は第1シリーズ(2005年)よりも第2シリーズ(2007年)が起爆剤




全員出演の映画「黄色い涙」、アジアツアー(2007年)






大野さん主演ドラマ「魔王」とシングル「truth」(共に2008年)







10周年(2009年)が分岐点


ブレイクのきっかけは一段階ではなく数段階に分けてあった


という訳で、2002年~2009年辺りについての言及を多く頂いた。最後に紹介したメトロ55さんが書かれている通り、これだけ長きに渡って人気が続いている嵐のブレイクのきっかけが一段階ではないのは確かである。またファンによってもそれぞれ客層が変わったと感じた瞬間、彼らの意識が変わったと感じた瞬間、ブレイクしたと感じた瞬間、が様々なのも興味深い。

また私はこれだけ自分たちが売れているにも関わらず、本人たちが「今なお不思議」という謙虚な姿勢でいるところが嵐の憎くて大好きなところだなと思っている。これだけ売れたのであれば、櫻井さんあたりに「嵐のように売れるには何をすればよいのか」という後輩たちに向けた指南書を書いて欲しいくらいなのに、彼らは自分たちの置かれている状況について、必然ではなく偶然の産物であるかのように話す。日経エンターテイメント2015年1月号においても、「ハワイで何日も一緒に居て飲みながら語ったけど今後の展望みたいな話は一切してないそういうグループだからね(笑)」という発言をしていた。私はそれを見て、テストの日の朝に「昨日寝ちゃってて全然勉強出来なかったんだ」と言ってたくせにテストで満点取る奴を思い出してしまった。テスト勉強週間という特別な時間を設けなくても、普段からコツコツと勉強しているタイプは、テスト前夜に徹夜したりしないのだ。嵐からはそんな「余裕」とも取れてしまう発言をよく耳にする。その度に徹夜派だった自分は地団駄を踏む。悔しいけどかっこいい、抜かりなくかっこいい。そんな彼らが売れているのはやっぱり必然だと思う。彼らが「今なお不思議」と言おうと私は必然的結果だと言いたい。

今回「嵐はいつブレイクしたのか、起爆剤は何だったのか」という疑問を投げかけてTwitterで様々な考えに触れることが出来てとても楽しかった。リプライにて無知野郎にご教示頂いた皆様、本当にありがとうございました。一人一人に返信することが出来なかった為、この場でお礼申し上げます。さて、嵐のブレイクポイントを知ったところで、後輩グループが嵐に追いつき追い越すにはどうすればよいのか、自分が彼らの仕事を取って来れる訳でもないのに、真剣に考えるターンがこれから始まるのである。ジャニヲタって、楽しいね。

【追記】
私の記事を受けてぷりっつさんが体感記事を書いて下さいました。