【2018年04月】コスメと私

明日のために、まつエク行って、ネイルして、髪染めて、マッサージして、トリートメントして、パックした。メンテナンス完了。明日まるでデートにでも出かけるかのような調整っぷりだが、明日はデートではない。Kis-My-Ft2のコンサートだ。こんな生活をもうかれこれ10年以上続けてきている。メンテナンスの照準は常にコンサートに合わせて設定されているので、担当美容師には今度は何処へ行くつもりなのか聞かれる。私が髪を切りに来た=コンサートへ行く、と認識されている。勿論コンサート以外でも、友人の結婚式や友人との旅行時にも事前に身なりは整えるが、気分が一番上がるのはやはりコンサート前である。

私は何のためにコンサート前に身なりを整えるのか考えてみたが、まずはコンサートという非日常空間へお金をかけて行くのであれば、自分自身も日常のひとつ上の次元に押し上げなければ、というマインド的な部分が大きい。あとはコンサート会場は、滅多に会わない友人に会う貴重な場所にもなり得るので、できるだけ良く見られたいという心理が正直に働く。そして可愛く綺麗におめかしをしてきているファンの中で、自分が足を引っ張らないよう溶け込みたい、という気持ちもある。

私はコンサート会場にいるジャニヲタが好きだ。もうあと1時間しない内に待ち望んでいたアイドルたちに会えるという高揚感に包まれた彼女たちが好きだ。そんな思いから、「ジャニヲタとコスメ」に関するアンケートを取り、集計結果を「それどこ」へ寄稿させて頂いた。
srdk.rakuten.jp
ありがたいことに多くの方に読んで頂き、沢山の反響を頂いた。原稿自体は3月に書き終わっていたのだが、アンケート集計過程の中で私自身もコスメやメイクの奥深さを知ることができたし勉強になった。ジャニヲタだからという特別な結果は見られなかったが、私はジャニヲタのことがまだまだもっと知りたいと思った。私は恐らくジャニーズも好きだけど、ジャニヲタのことも同程度好きなのだといつも思う。

それでは、4月の購入品。仕事が忙しくてそれどころではなかったので、数がこれまでに比べてかなり少ない。
f:id:moarh:20180504215611j:plain

キャンメイク ベルベッティフィットカラーズ04 ローズココア 2g

キャンメイク ベルベッティフィットカラーズ04 ローズココア 2g

キャンメイク大好き芸人なので新しいものが出たらすぐ買っちゃう性。これ一色でグラデーション作ることも可能だし、サラサラなテクスチャーで良かったのだけど、過去に購入してきたアイシャドウで今渋滞が起こっている最中なので、実はあんまり使っていない。派手なメイクが出来ない場面が訪れたら、これを薄く瞼に乗せようかなと思っている。

キャンメイク リップティントマット01 コーラル 5g

キャンメイク リップティントマット01 コーラル 5g

「リップティントシロップ」「リップティントジャム」に続いて出た「リップティントマット」。このシリーズは全部揃えてきていたので、今回も全色買いしてしまった。こういうところにヲタクの性が出る。塗った感じは、あれ?!私今日リップ塗ってるっけ?!っていうくらい軽いつけ心地。しかし気付いてしまったのだ。自分の顔はマットリップが似合う顔ではないことに。ということでこちらもまだあまり使えていない。

キャンメイク ラッシュケアエッセンス 4.2g

キャンメイク ラッシュケアエッセンス 4.2g

睫毛を育てたいと思い、昨年念願のリバイタラッシュを購入したのだが、色素沈着に悩み一瞬で断念。その代わりとして現在私の睫毛を支えているのが、キャンメイクの睫毛美容液。まつエクの持ちをよくする為に、朝と夜に塗りたいのだが、まだルーティン化できておらず、どちらか大体忘れる。

実はFLOWFUSHIの38℃リップトリートメントは時代の波に乗り遅れて未だ買えていなかったので、今回38℃リップ初購入。もう何と言っても見た目が可愛い。こんなの買っちゃうでしょって顔してる。普段のリップの上に重ねづけして使っている。そんなに主張が激しくないラメが華奢で可愛い。

シャインリッチ オールインワンティント 06 クランベリーレッド

シャインリッチ オールインワンティント 06 クランベリーレッド

巷で噂のエロリップ。付けてみてびっくりのエロさ。自分の唇が極限に女度を上げたぞ…!と驚く。内側にだけ塗ってグラデーションにして使ったりもするけれど、内側からジュワッと色気が押し出される感じ凄い。もう買ってから毎日使ってる。今までオペラのリップティントが一番のお気に入りだったのに、それを超える勢いで気に入っている。

「ジャニヲタとコスメ」アンケートで、みんなが口々に書いてた「山田涼介の肌になれる」こと、エレガンスのプードル。もう買わない訳にはいかなかった。BAさんに1番と6番が人気と聞いてタッチアップしてもらい、素人目にはほとんど差が分からなかったけれど「可憐」の6番を購入。パフをくるっと半周させて粉を付け、それを自分の肌へ乗せていくのだけど、香りがデパコスのそれで、まず上質な気分になれる。山田涼介の肌になれたかどうかと聞かれたら少し戸惑うのだけれど、より山田涼介の肌に近づけるようにスキンケアも力を入れるしかないのでは、とどんどん肌への緊張感が高まってくる。結果的に更に良い肌作りへの志向が高まったので、デパコスを使う意義はこういうところにあるのかもしれない。

という訳で、4月の一番の収穫はエロリップです。今月はキャンメイク大先生の優秀作マシュマロフィニッシュパウダーのベースタイプを試してみるのが今一番の楽しみ。さて、明日のコンサートに向けて早めに寝るぞ。